<< 秩父札所巡り | main | 並河靖之七宝展 >>
去年から今年にかけてのこと
0

    しばらく書いてなかったので日記でも書きます。

    去年の春から秋にかけて、某小学校で2年生を担任していました。

    前年度の問題とかを引きずりつつ

    保護者の愚痴とかも聞きつつ(´・_・`)

    でもまぁなんとか良い感じに学級経営ができてたと思います。

     

     

    学年末まで発令もされ、そのつもりでいたのですが、
    次女が倒れるという事件が起こり、
    その原因がストレスであること、
    また、同時期に初任者として着任した長女も仕事でストレスを溜めていて
    これは自分がフォローに回らないと家族中ヤバイぞ?
    という状況でした。

    それで、無理を言って10月末で退職しました。

    それまでほとんど休むことのなかった担任が連日休むことになり

    子供らも不安だったと思います。

    そういうのに弱い子もいて、不在の日に大きなトラブルを起こしたりしていたので

    これは中途半端にいるより、辞めて誰かにちゃんと担任を代わって貰う方がいいな、

    と考えました。

    管理職は引き留めてくれましたし、

    保護者も子供も、急に途中で放り出すことになった担任を責めるでもなく

    別れを惜しんで涙をこぼしてくれて

    本当にありがたかったと思います。

    3月までもって学力上げて、

    最後の学力テストでみんなに良い点取らせてやりたかったけど

    それは叶わず、申し訳ないことをしました。

    それでも、わたしの後を引き継いでくれた人が

    わたし以上に学力を上げる力を持っている先生だったので

    そこは安心してバトンタッチできました。

    これもとてもありがたいことでした。

     

    そんなわけで、一時はいろいろありましたが、

    次女の不調は長引くことなく、

    今はほとんど元通りと言って良い状態になりました。

    長女の仕事は相変わらずいろいろありはしますが、

    それでもあと少しで年度がかわるからと励ましながら

    なんとかやっています。

     

    そんな感じで、新年度からはまた仕事に出ようと思っているところです。

    子供や保護者のことで苦労するのは仕事のうちだけど

    人間関係が難しいと大変だなぁと思うので、

    次に仕事をする時には、あまり人間関係に深入りしないで

    気楽なその年限りのオバサンで去って行けるようにしたいなぁと思っています。

    できれば、わたしを自分の懐に取り込もうとするような人がいない職場がいいなぁ。

    淡淡と粛粛と仕事がしたいですね。

    今回のようなことは、今後そうそうないとは思いますが、

    もし担任をもっていなければ辞めることはなかっただろうと思うし、

    担任外でできれば担任外でいいんだけど、

    実際なかなかそうもいかないのが現実なので、難しいところです。

    音楽とか理科でも得意だったら担任外で!と強く言えるんだけど、

    どうしても「piroさんは担任の方が」と言われちゃうので。

    だから、次は今までとは違う地区で働こうかなと。

    4月になったら登録をして、いつ仕事が来るかはわからない、って感じかな。

     

    みんなが健康で穏やかに平穏無事に暮らせればいいなぁと思います。

    わたしがあまりガツガツ働かずに暮らせることを祈っています。

    | 日記 | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://piro.mugcup.org/trackback/182
    トラックバック